QLOOKアクセス解析
ヘソクリライフ TOP > スポンサー広告 >抜かずに治す歯並び☆ヘソクリライフ TOP > ☆ サンプル情報&感想 >抜かずに治す歯並び☆

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.11.16 (Sun)

抜かずに治す歯並び☆

人間は食べないと生きていけない、歯は自分でも思っているよりもとても重要です。
でも歯並びは関係ない?そんなことはありませんよね、歯並びもすごく大事。

私も歯並びが悪く、子供の頃に矯正をすすめられましたが、器具を付けるのが
恥ずかしい、近くに矯正歯科がない、治療費が莫大なことを理由にやめてしまいました。
今思うと、あの時やっておけば…と後悔していますが時代も変わり、治療方法も
変わっているのでもしもやるなら今がチャンス?かもしれません。

なぜなら、昔すすめられた歯列矯正ではまず3本くらい歯を抜かなければならないと
言われていたんです。しかし歯学博士の岸本雅吉さんが書いた歯列矯正の本
「抜かずに治す歯並び」には、抜かずにきれいに矯正できる方法が説明されています。

矯正歯科

現代人は、乱ぐい歯など矯正しないとダメな歯を持った人がたくさんいます。
私の場合も本に書かれているように、顎が細いことに起因しているとおもわれます。
顎が小さいせいで、奥歯が押されてしまい詰まってしまっているのが目で見て
わかります。

ここで、生えている小臼歯(必要な歯)をじゃまだからと抜いてしまえば、もう一生
歯は生えてきません。よく差し歯や入れ歯じゃ食事の味がわからなくなったというように
自分の歯というのは本当に大切です。

顎と歯のバランスが悪いと、体のあちこちに不調をもたらします。
きちんと噛めないことで胃腸が弱くなったり、いびきや歯ぎしりの原因だったり。
この本は、歯並びが悪いと悩んでいる方や、矯正歯科に行こうと考えている方、
また、お子さんのいる方に是非読んでもらいたいです。
子供の将来を考えてあげられるのは、両親しかいませんからね。そして、
歯列矯正をするのなら歯を抜かない方法もあるということを知ってもらいたいですね。

ブログ広告
ブログ広告ブロコミモニターに参加しています

タグ : ブロコミ レビュー

EDIT  |  22:57  |  ☆ サンプル情報&感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。